邪魔なほくろはどこで除去する?美容系のクリニックに行こう!


美容系のクリニックで除去しよう

顔にあるほくろが自身の見た目を損なっていると感じるのなら、美容系のクリニックにて施術を受けて、無かったことにしてもらいましょう。もちろん、一般の皮膚科でもほくろを除去してもらえますが、跡が残ってしまう可能性がそれなりにあるので、無かったことにするのは難しいです。

小さなほくろならレーザーで簡単に除去

小さなほくろの場合は、医療機器のレーザーを使えば、とても簡単に除去することができます。一つ取るのに五分もかかりませんので、相談をするために訪れた初診日のうちに、施術を行ってもらうことも可能です。ただし、ほくろがたくさんあるのなら、術後のケアが難しくなるため、分けて除去したほうがよい状況もあります。どのくらいの数から施術を分けるべきかは、ドクターによって意見が違うのでまずは相談しましょう。

なお、大きなほくろの場合はメスを使った切除方法になるため、初診日ではなく次の回に施術が行われるケースが多いです。メスでの治療はレーザーよりも治るまで時間がかかるので、傷跡が目立たなくなるまでの期間もしっかりと考えてから、施術の申し込みをしなければいけません。

術後のケアは自分で行える

ほくろの除去をすると、しばらくは肌にダメージが残るため、しっかりとケアをする必要があります。手を抜いてしまうと、赤みや凹みが残ってしまうので、ドクターに指示されたケアは正しく行わなければいけません。また、入浴や化粧などの日常生活での注意点についても、きちんと説明されるので、言いつけを守って肌からダメージが抜けるのを待ちましょう。

ほくろ除去とは、美容外科や病院でメスを使用してほくろを切除したり、レーザー治療でほくろの細胞を破壊して取り除くことです。